人気の政治ニュースを集めました~Political news movie ~

政治ニュース動画まとめ

櫻LIVE 君の一歩が朝(あした)を変える!

【櫻LIVE】第171回 - 宇根崎博信・京都大学原子炉実験所教授 × 櫻井よしこ(プレビュー版)

スポンサードリンク

更新日:


【櫻LIVE】第171回 - 宇根崎博信・京都大学原子炉実験所教授 × (プレビュー版)

原子力規制委が妨げる最先端ガン治療
世界に誇る京大研究や命を助けた治療が停止
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 世界の注目を集める京都大学の「中性子を使った基礎研究」と、「加速器駆動未臨界システム研究」が完全にストップしています。ストップさせているのは、人事、予算など内閣から独立した「3条委員会」として強大な権限を持つ原子力規制委員会です。この結果、中性子を活用するBNCT(ホウ素中性子補足療法)というガン治療ができない事態に追い込まれています。BNCTでこれまで困難だった治療が可能になり、適用範囲は脳腫瘍と悪性黒色腫から、舌癌、口腔癌、耳下腺癌、肺癌、肝癌に広がり、いまや癌克服の決め手として期待されています。再稼動した九州電力川内原発の審査でも、規制委は40万ページの書類を提出させるなど様々な合理性を欠き、硬直した基準で不必要な負担を強いただけではなく、京都大学が世界に誇る最先端の研究も停止に追い込まれ、年間数十人規模の命を助けてきた治療が1年半以上、停止され続けています。
 櫻井キャスターは「規制委の不適切な規制で失われている命があるということではないか。原子炉の安全確保は当然だが、どう見ても規制委には決定的な問題と行き過ぎがある」と記事で指摘しています。
 1月29日金曜夜9時『櫻LIVE 君の一歩が朝(あした)を変える!』第171回生放送のゲストは、京都大学原子炉実験所で研究を行っている宇根崎博信教授をお迎えします。櫻井キャスターは (1)京都大学原子炉実験所で行っている研究とはどのようなものか、BNCTの治療法とは具体的にはどのようなものか。京都大学の研究のレベルは、世界とくらべてどのような水準にあるのか。それがいま中断されているのは具体的にどういう理由か。(2)原子力規制委員会の対応は、どのような点で理解を欠いているのか。それによって生じている損失の具体例はなにか。BNCTは、人類が直面している最大の死因、ガン治療をどのように変えていくと思うか、それはどのような時間軸で考えられるか (3)日本以外の国際社会では放射線の医療への適用は、現在どのような規制を受けているか、原子力規制委員会の考え方に問題があるとすればどのような点なのかなど宇根崎教授との対談を解説しながらリードしていきます。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
言論テレビは、皆様にご負担いただいた会費で、事実に基づく情報を発信し、正しいと信­ずる論陣を張るインターネットテレビを運営いたします。会員になりますと、生放送を収­録した最新の動画や講演の動画を何回でもご覧いただけます。また、書き下ろしの新作メ­ルマガ、雑誌などに書かれたコラムをお読みいただけます。詳しくは、言論テレビのウェ­ブサイトにてご確認ください。どうぞ、会員になっていただけますよう、よろしくお願い­申しあげます。
【番組URL】
【Facebook】
【Twitter】

-櫻LIVE 君の一歩が朝(あした)を変える!
-


Copyright© 政治ニュース動画まとめ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.